イベント・舞台挨拶

2020年3月23日

4月3日(金)~「映画 少年たち」リクエスト上映急遽決定のお知らせ

「再び映画館の大スクリーンと迫力のある音響で『映画 少年たち』と実演を観たい!」というファンの皆様と、上映を希望された劇場様の声にお応えし、この度3月27日(金)より丸の内ピカデリーほか全国29館にて順次リクエスト上映を行うことを決定いたしました。
公開からまもなく1年――是非、この機会にご来場ください。

≪実施概要≫

1969年に初演を迎えて以来、若者たちの圧倒的な感動を呼び、幾度も上演を重ねられてきたジャニー喜多川、企画・構成・総合演出の舞台「少年たち」。『映画 少年たち』は舞台の初演から50年となる2019年、初めて映像化された作品です。映画は3月29日(金)に初日を迎え全国158館で上映。約50万人動員し、更に日本を超えて「北京国際映画祭」のパノラマ部門に選出され特別上映を果たすなど、大きな話題を提供いたしました。そして最も特筆すべきは、サプライズ好きのジャニー氏らしく、映画上映と共に当日誰が出演するかシークレットのライブパフォーマンス(実演)を組み合わせた「映画と実演」という近年まれにみる実験的な取り組みをしたことです。これは映画製作当初よりジャニー氏が思い描いていたプランでした。この模様は全国155館の映画館でライブビューイングされ、北海道から沖縄まで日本全国が熱狂した大イベントとなりました。
実演に登場したのはSixTONES、Snow Man、宮近海斗(Travis Japan)、なにわ男子、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者、そして室龍太ら、次世代を担う東西の人気ジャニーズJr.たち、総勢53名。
この度のリクエスト上映では、4月15日に丸の内ピカデリーで開催された「『映画 少年たち』映画と実演アンコール上映」時の実演映像付での上映をいたします。

実施期間

2020/4/3(金)~上映
※どちらのパターンが上映されるかは、決まり次第劇場HPにてお知らせいたします。
※応援上映の実施はございません。
※新型コロナウイルス感染症拡大のリスクを低減する観点から、お静かに着席でのご鑑賞をご協力ください。

実演映像内容

◆「映画 少年たち」実演映像付き上映 Aパターン(本編上映後 実演映像)

4/15(月)16:10の回 映画と実演アンコール上映会ライブビューイング収録映像
上映後の実演では、本編でも歌われている楽曲と共に、少年忍者が登場。続いてHiHi Jets、美 少年、さらにSixTONES、Snow Man、なにわ男子、室龍太、宮近海斗、7 MEN 侍と続き、最後には53名全員で「Tokyo Experience」、計18曲が披露された。そしてSixTONESがまさかの「Mr.Zudon」を披露し話題に!

◆「映画 少年たち」実演映像付き上映 Bパターン(本編上映前 実演映像)

4/15(月)19:15の回 映画と実演アンコール上映会ライブビューイング収録映像
上映前の実演では、曲を変えてグループごとにパフォーマンスを次々と披露。グループを越えたダンスバトルが繰り広げられる。全47都道府県155館のライブビューイング参加者に向けて、各グループが全国の地域に呼びかける場面も!そして、最後にはこの日の登壇者53名全員で披露された「君にこの歌を」で会場が一体に。計16曲の豪華なパフォーマンスが披露された。

舞台登壇者(敬称略):
・赤房(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)
・青房(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)
・黒房(西畑大吾、向井康二、室龍太)
・宮近海斗、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也
・HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者

※実演映像付き上映実施劇場にキャスト・スタッフ登壇の予定はございません。

≪料金≫

一般・大学生:1,100円
高校生以下:通常料金
(各種割引・ご招待券使用可)

≪注意事項≫

※前売券・ムビチケはご使用いただけません。予めご了承ください。
※先着販売となりますため、規定枚数に達し次第販売を終了させて頂きます。
※全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※お電話でのご予約は承っておりません。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後の座席変更、キャンセル、払い戻しは承っておりません。

©映画「少年たち」製作委員会